自動車ローン審査

おすすめの自動車ローンはここ!金利が低い銀行系・信販系ローンから厳選

しずぎんマイカーローン

コンビニATM手数料無料!

金利 年1.9%
限度額 100万円以上1000万円以下
審査回答 最短3営業日
収入証明書 300万円まで不要
  • 中古・バイク・車検・修理・免許取得もOK!
  • 購入前の申込み・借換もOK!
  • 口座がなくても申込みOK!
しずぎんマイカーローン公式サイトを見る

バンクイック

遅れるずに返済すると金利引き下げ特典あり

金利 3.5~9.8%
限度額 最大700万円まで
審査回答 最短即日
収入証明書 金額に関係なく必要
  • 返済実績により5年目まで毎年金利0.3%引下
  • カードローン業界トップクラスの低金利
  • 提携ATMが充実!コンビニATMも使える。
バンクイック公式サイトを見る

車を売るなら

マイカーローンのメリットとデメリット(ディーラーローンと比較)

メリット(良い点)

金利が低いので利息の支払い額が少ない

マイカーローンの中にはディーラーローンよりはるかに金利が低い商品があります。総支払額では十数万円変わってくることも…。

所有権が購入者になる

ディーラーローンでは所有権がディーラーになりますが、マイカーローンなら自分のものになるため売却するときもスムーズです。

車を決める前でも審査可能

一般的なディーラーローンでは車種を決めたうえでローン審査申し込みをしますが、マイカーローンなら車種が決まっていなくても審査可能です。

金利が中古車・新車に関係なく同じ

ディーラーローンでは中古車の方が金利が高いことがありますが、マイカーローンは新車でも中古車でも車検代でも金利が同じです。

繰上げ返済も柔軟にできる

ディーラーローンは繰り上げ返済が残債全額でないとできないものもあります。マイカーローンなら、いつでも手数料なしで繰り上げ返済できるものがあります。

デメリット(悪い点)

手続きや必要書類が多い

マイカーローンは必要書類が複数あり、ディーラーローンに比べて手続きに時間がかかります。また、ディーラーローンは自動車販売店で契約できるので手間もかかりません。

付帯サービスがない

ディーラーローンはメンテナンスや自動車保険などでサービスが受けられる場合があります。金利差を考えると、やはりマイカーローンの方がお得かもしれませんが…。交渉しだいですね。

自動車ローンを見直そう!繰上げ返済や借り替えもできます

もし、あなたが高い金利でディーラーの自動車ローンを組んでいるのであれば是非見直すべきです。

銀行や信用金庫、カードローン会社のフリーローンや自動車ローンの方が低金利で借りられるのであれば、そちらで借りてディーラーローンを繰り上げ返済するほうが得です。

金利が数%変わってくると、利息もふくめた支払い総額では数十万円変わることがあります。

確かに借り換えは手間ですが、数十万円浮くのに放っておくのはもったいないです。無駄すぎます。

また、ディーラーローンを完済することで、車の名義をあなたにすることができます。(完済するまではディーラー名義です)

あなた名義でないと売ることもできませんので、ローンの借り換えを検討する価値は大きいです。

審査が甘いカーローンは金利が高め?

カーローンや住宅ローン、消費者金融にかかわらず、審査が甘いローンは金利が高めになる傾向があります。

逆に、金利が低いローンは審査が厳しいです。一人当たりからもらえる儲け(=利息)が少ないので、貸し倒れをたくさん作ると致命傷になるからです。

審査を厳しくすることで「必ず返済してくれる人」の割合を多くして貸し出し、低金利を実現しているのです。

たとえば、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行は「自動車専用のローン」も「使用目的自由のカードローン」もありますが、金利は大きくちがいます。

自動車ローンの方が低金利ですが、その分利用目的や利用者を限定していると言えます。

「信用できない人には貸さない」というのが低金利ローンの戦術です。

ディーラーの残価設定ローン(クレジット)はどうか?

残価設定ローンを使うと金利や月々の支払額を抑えることができますので、マイカーローンに匹敵する総支払額圧縮効果があります。

ただし、自動車販売店や車種によっては取り扱いがない場合もあります。また、走行距離が多かったり、事故を起こしてしまうと引き取りを拒否されることもあります。

自動車の改造(カスタマイズ)が制限されたり、引き取りの際に元に戻さないといけないこともあります。

自動車ディーラーのオートローン(オートクレジット)は、過去に融資拒否されていると社内資料としてずっとブラックリストに載り続けることがあります。

そういう方は銀行や信販会社の自動車ローンの方が審査に通りやすいと言えます。

お金を全部払ったのに所有権が自動車屋?売るときにもめることも

いざ、車を売ろうと思ったら売れなかった…車検証の所有者欄をみるとディーラーの名前が!自分は使用者になっている…。

こんなケースはよくあります。ディーラーでローンを組むとほとんどの場合所有者がディーラーかローンを取り扱っている信販会社になります。

これは、完済前に車を勝手に売られないようにするためです。あなたは使用車の欄に書かれていて、使用権があるということになります。

こういう場合考えるデメリットは2つです。

① ディーラーが倒産したら自動車を差し押さえられる
② 売ったり廃車にするときに手続きが面倒

①に関しては、ローンを完済していればまず問題ないでしょう。②はかなり面倒なので、完済したと同時に小有権を自分にしてもらう方がいいです。

やり方はカンタン。ディーラーにそのことを連絡するでけで無料で手続きを進めてくれます。

ディーラー自動車ローン以外の自動車ローンを組んで支払えば、名義を最初から自分にすることが可能です。

家族にばれずにオートローンを組む方法ってあるの?

あります。特にカードローン系は個人のプライバシーを大事にしてくれます。

「三菱東京UFJ銀行カードローン」なら、ネットで審査を申し込み最寄の自動契約機で契約してキャッシングカードを受け取ると書類の郵送がありません。職場への電話連絡もなくなります。

「みずほ銀行カードローン」も口座を作ってからネットで「WEB完結」申込みをすれば書類の郵送がなくなります。

無職でも自動車ローン通る?審査に通らない人ってどんな人?

基本的に自分に収入がない学生や専業主婦は審査してもらえません。

ただし、「三菱東京UFJ銀行カードローン」は配偶者に収入があれば専業主婦でも30万円まで融資してもらえます。学生は親御様の同意が必要です。

つまり、無職でも配偶者に安定収入がある「専業主婦」と親御様の同意を得た「学生」は審査に通る可能性があります。

配偶者のいない無職の人や自力で何とかしたい学生は、まずアルバイトでもいいので働いて安定収入を得ましょう。収入があればどこでも審査してもらえます。

総量規制の制限があるところでは年収を厳しく見られます。

総量規制がないところでも、年収に見合わない高額な借り入れはできませんので、やはり年収の3分の1に抑えることが望ましいでしょう。

頭金を入れると審査に通りやすくなるの?

頭金を入れると審査に通りやすくなると言われています。これは、自動車ローンに限ったことではありません。住宅ローンなどでもそうです。

頭金をたくさん入れられる人の方が、やはり信用できるということになり、またローン額が少なくなるため返済が滞るリスクも減ります。

金融機関にとっては「良いお客さん」ということですね。

では、いくらぐらい頭金を入れるのがいいかというと、自動車購入費の20%~30%と言われています。しかし、これはあくまで目安であって、実際には個人信用との兼ね合いになると思います。

例えば、あなたの信用力から「ローンが組める金額」が100万円だったとすると、200万円かかる車を買うためには100万円の頭金が必要ということになります。

ディーラーのカーローンの審査を有利にするためには?

ディーラーで自動車ローンを組む場合、自動車販売店がお金を貸してくれるわけではありません。グループファイナンス会社や自動車販売店が提携している信販会社でローンを組みます。

販売力の高い大手ディーラーは信販会社に対して影響力があるため、小さな会社で車を買うよりはローン審査に通りやすくなるかもしれません。

また、保証人を付けたり頭金を入れることで審査に通りやすくなります。

過去にディーラー自動車ローンの審査を否決されていると、以後も通りにくくなることがありますので、頭金や保証人を準備して必ず審査に通るつもりでいどみましょう。

消費者金融(アコム、モビット、プロミスなど)でカーローンを借りたらダメ?

べつに良いと思います。

確かに銀行系や信販系のローンより審査がゆるい傾向がありますので「とにかく審査がゆるい方がいい!」という方は消費者金融のカードローンも選択肢です。

特に、アコムやモビット、プロミスなどは有名で貸し出し実績も豊富。お金のことで困ったときに頼れる存在です。

ただし、銀行系や信販系に比べて金利が高いこともありますので、総返済額を考えて審査申し込みをしましょう。

また、消費者金融系のカードローンは、貸金業法により総量規制の対象になりますので、年収の3分の1までしか借りることができません。

年収が低い方が「高級車の購入」や「長期の借り入れ」をしたいときは向いていないと言えます。

車、欲しいですよね

欲しい車があって、ローンで買えるならサクッと買いたいですよね。今乗っている車はもうボロボロで燃費も悪いし…と。分かります!新車じゃなくてもいいから、せめて今よりも快適な車。

車は毎日使うものなので、エンジン音やペダルの具合でコンディションが手に取るように分かります。エンジンをかける度に「新しい車欲しいな…」と呟いてしまう?そうでなくても潜在意識に「新しい車が欲しい」という情報だけは刷り込まれています。

車を買いたくてもお金がない。ええ、そうです。ほとんどの人がきっとそう。だからみんなローンを組んで買うんですね。毎月の返済額が収入に見合った額なのかどうかということがクリアできれば、借りない手はないでしょう。

自動車ローンを組むときに、気になるのが「審査に通るかどうか」ということ。審査に通りやすい自動車ローンに借りたいところですが、ディーラーで紹介された信販系のローン会社ではカモにされているようで…。分かります。実際、カモですよw

それに、その信販会社の審査に落ちてしまったら、ディーラーに対してカッコ悪いですし。。「お金はこちらで用意します」というスタンスで「車は車屋で」がいいと思います。

「銀行カードローンを自動車ローンとして使ったらええんや!」ということに気づいた人が最近では増えてきました。また「カードローン」という言葉もテレビCMで一般的になってきているのも要因にあると思います。

ということで、自動車ローン審査といえば、銀行カードローンなんです。まずは、静岡銀行マイカーローンをおすすめします。

デンタルローンもどうぞ。